引越しハック

格安の引越方法や手続きリストなどのまとめブログ

タダより安いものはない!引越しするなら家賃0円のフリーレント物件

   


最近、家賃が1〜3ヶ月タダになるというフリーレント物件が人気になっています。

ただ、家賃が0円ってあやしくて不安ですよね。

なのでフリーレント物件のカラクリやメリット・デメリットをまとめてみました。

引越しの初期費用をおさえたいという人はぜひご覧ください。

家賃がタダになるカラクリ


フリーレント物件はホントに家賃が0円になり、あやしいワケあり物件というわけでもありません。

大家さん(オーナー)は自分の持っているアパートやマンションで空室が出ると家賃収入が下がってしまうため、なるべく早く入居してもらいたいと必死です。

ただ、家賃を下げて入居者を募集してしまうと今住んでいる人からクレームが出て、すべての部屋の家賃を下げなくてはいけなくなる可能性があります。

もし100部屋あるマンションで家賃を10,000円下げたら毎月100万円も収入が減ってしまいますが、1部屋だけタダにするなら数万円で済みます。

フリーレント物件とは、表向きは新しい入居者へのサービスですが、実はオーナー(大家さん)が家賃収入を維持するための対策なのです。

ただ、入居する人にとっても以下のようなメリットがあります。


メリットは「初期費用の安さ」


新生活は引越し費用や家具を買ったりとまとまったお金が必要ですが、フリーレント物件なら1〜3ヶ月は家賃なしです。

「貯金が足りない」とか「節約したい」という人は敷金・礼金・家賃がすべて0円のトリプルゼロ物件を探しましょう。


デメリットは「長めの契約期間」


フリーレント物件は家賃が一定期間0円になるかわりにいろいろな条件があります。

たとえば2年以内に解約したときは解約金がかかったりするため、数ヶ月しか住まないという人には向いていません。

スマートフォンの契約と似ていますね。

契約の内容は物件によって違うので不動産屋さんに聞いてみましょう。



以上、フリーレント物件のメリット・デメリットまとめでした。

初期費用をおさえたいという人はフリーレント物件を探してみましょう。



よく読まれている人気エントリーまとめ

えっ?引越しの見積もりは60%も値引きできる?格安に引っ越す7つの方法

【保存版】引越しでやらないといけない25の手続きリストまとめ
140906-0002
引越ししたらIKEA(イケア)で買いたいオススメグッズ30コまとめ
140906-0002

 - その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加