引越しハック

格安の引越方法や手続きリストなどのまとめブログ

引越しの時期でこんなに違う!単身から家族まで料金の相場まとめ

      2017/08/06


今回は価格.comや引越し侍などのクチコミから「引越し料金の相場」をまとめてみました。

もちろん業者によって料金の高い安いはあるので参考程度になってしまいますが、引越しする日や距離によって変わるコスト差も調べてありますのでぜひご覧ください。

単身引越しの料金相場


引越し距離平日土日祝日繁忙期
(3〜4月)
〜10km¥23,000¥28,000¥34,000
〜50km¥26,000¥31,000¥37,000
〜100km¥30,000¥36,000¥43,000
〜300km¥40,000¥48,000¥58,000
〜500km¥51,000¥61,000¥73,000
501km〜¥64,000¥77,000¥92,000

どこの業者でもひとり暮らし向けのオトクな引越しプラン「単身パック」というものがあります。

ただ、単身パックは遠いところへの引っ越しや荷物が多いときは使えないことがほとんどです。

そのため、「距離が遠い」かつ「ダンボールが数箱」という引越しなら業者に運んでもらうよりも宅急便で送ったほうが安いかもしれません。


カップル引越しの料金相場


引越し距離平日土日祝日繁忙期
(3〜4月)
〜10km¥50,000¥60,000¥72,000
〜50km¥58,000¥70,000¥84,000
〜100km¥70,000¥84,000¥101,000
〜300km¥92,000¥111,000¥132,000
〜500km¥126,000¥151,000¥181,000
501km〜¥150,000¥180,000¥216,000

2人分だと荷物もそこそこあるので宅急便よりも引越し業者のほうが確実に安くなるでしょう。

もし今まで使っていた家具や家電などを処分するなら、不用品を買い取りしてくれる引越し業者に頼めばラクだし、値段がつけば結果的に安くなります。

ちなみに処分したい不要品がたくさんあるなら買い取りに強い「トレファク引越」タダで回収してくれる「町の引越し屋さん」という業者がおすすめです。


家族引越しの料金相場


引越し距離平日土日祝日繁忙期
(3〜4月)
〜10km¥68,000¥80,000¥94,000
〜50km¥75,000¥98,000¥104,000
〜100km¥84,000¥109,000¥127,000
〜300km¥110,000¥130,000¥154,000
〜500km¥148,000¥184,000¥205,000
501km〜¥190,000¥240,000¥276,000

家族の引越しはたくさんの荷物を運ばなくてはいけないため、業者は2〜3人のアルバイトを雇い、その人件費が引越し料金にはね返ってきます。

ダンボールの数が少なくなれば安くなるため、いらないものがあれば引越し前に処分して引越し費用を節約しましょう。



以上、引越し料金の相場まとめでした。

アート引越センターはアルバイトの長時間労働を防ぐために繁忙期の受注を抑制したというニュースがありました。

他の業者も同じように受注を抑制したら引越しシーズンはもっと料金が高くなります。

今後、3〜4月の繁忙期ピークに引越しする人は「引越しシーズン前に見積もりをもらって値引き交渉を終わらせておく」のが引越しを安くするコツになるでしょう。

以下は筆者が引越ししたときに極限まで安くしたくてやったことをまとめたエントリーなのでぜひご覧ください。
えっ?引越しの見積もりは60%も値引きできる?格安に引っ越す7つの方法



よく読まれている人気エントリーまとめ

えっ?引越しの見積もりは60%も値引きできる?格安に引っ越す7つの方法

【保存版】引越しでやらないといけない25の手続きリストまとめ
140906-0002
引越ししたらIKEA(イケア)で買いたいオススメグッズ30コまとめ
140906-0002

 - 見積もり・料金相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加