10月の引っ越し相場はいくら?引越し料金が安い日・高い日はいつ?

投稿日:

秋は第2の引っ越しシーズンであり、10月は気候的にもちょうどいい季節。

10月引っ越しの相場・メリット・デメリットをまとめてみました。

10月の引っ越し相場


10月は9月よりも安く引っ越しできますが、11月よりは高くなります。

単身引っ越しの相場

単身引っ越しの相場としては、都内など50km未満の距離で3万円くらいです。

県外への引っ越しなど200kmくらいまでの距離になると5万円前後となります。

さらに遠距離、500kmまでの別の地方への引っ越しとなると、6万円くらいという感じです。

荷物の量や引っ越し業者の予約状況にもよるので、あくまでも相場となります。

夫婦引っ越しの相場

夫婦やカップルなど、2人の引っ越しの場合は、50km未満の距離で平均6万円くらいとなっています。

200km未満の距離では75,000円ほど、500km未満だと12~13万円ほどです。

家族引っ越しの相場

3人以上の家族で引っ越す場合は、50kmだと7万円くらい、200kmまでだと8万円を少し越えるくらいが相場となっています。

500km未満の長距離になる場合の相場は、約13万円ほどが相場と考えて良いでしょう。

少しでも安く済ませるために、捨てられるものはなるべく捨てたり、梱包を自分たちでやることがポイントです。

10月の引っ越しは高め!


10月の引っ越しは高めです。

その要因の一つとして、秋休みを取り入れている企業の存在があります。

秋の休暇を利用して、過ごしやすい気候のうちに引っ越しを済ませようと考える人も少なくありません。

また、9月から10月は春に次ぐ転勤のシーズンでもあります。

転勤になって家族全員で引っ越したり単身赴任をしたり、どちらにせよ社会人の引っ越し需要が増加する時期です。

また、秋入学の学生が、入学の時期に合わせて引っ越すというケースも。

「安いと思っていたのに意外と料金がかかってしまった」ということにならないよう、引越し侍などの無料見積もりサービスを使って複数の業者から見積もりを取っておきましょう。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


引っ越し料金が少し高めの10月ですが、毎日高いというわけではありません。

同じ月の中でも高い日や安い日が存在します。

10月の引越し料金が安い日

9月は第2の引っ越し繁忙期であるため、9月後半〜10月前半は引っ越し料金が高い傾向にあります。

そのため、10月の後半は需要も落ち着いてきて、料金も下がりやすくなるのでおすすめです。

特に平日は安く済むことが多いので、10月の引っ越しを狙うなら10月後半の平日を選ぶとよいでしょう。

10月の引越し料金が高い日

10月だけではありませんが、土日は常に料金が高くなる傾向にあります。

また、9月から引きずる第2の繁忙期の影響で、10月前半の土日はとりわけ料金が高くなることも。

特に10月初旬は引っ越し業者がつかまらないこともあるので、この時期に引っ越したい人は早めに業者の手配をしておきましょう。

内見するならいつがいい?


10月は気候がちょうどいいため、どの時間帯であっても快適に内見ができるかと思います。

夕方や夜の町の明るさを見たいといった場合は、あえて遅い時間に行ってみるのも手でしょう。

また、10月に限った話ではありませんが、平日の方が不動産も空いている傾向にあります。

じっくり内見をしたいなら平日を選ぶか、土日の場合は事前に予約を取ってから行きましょう。

10月引越しのメリット・デメリット

10月に引っ越すメリットは?

10月は、後半になれば秋の繁忙期も少し落ち着いてきます。

そのため、9月よりは値段交渉がしやすくなる時期です。

時期を選べば、引っ越し料金をかなり安くすることも可能でしょう。

また、10月は暑すぎず寒すぎず、気候的にもちょうどいい月です。

荷造りや荷解き、さらに新居への移動も快適に行えるため、熱中症や風邪などの心配をしなくて済みます。

10月に引っ越すデメリットは?

後半であれば良いのですが、10月前半、特に初旬は9月に続いて引っ越し需要が高くなっています。

そのため引っ越し料金は高く、そもそも予約すらできないということも少なくありません。

さらに、秋は転勤などで社会人の引っ越し需要が高まるため、長距離の引っ越しは割高になる傾向にあります。

近場であれば良いのですが、長距離の引っ越しの場合はより多くの業者から見積もりを取るなど、安くするために工夫が必要です。

10月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


基本的にその日の縁起は、六曜で判断します。

大安や仏滅など、知っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、六曜以外にも注意するべき日もあります。

10月の縁起が良い引っ越し日

縁起が良い日は、基本的に大安にあたります。

平均して月に5回ほど大安の日がありますので、その日を狙うと縁起が良くなるでしょう。

縁起を大切にする人、引っ越しはいつでもいいけどどうせなら縁起の良い日に、と考えている人は大安に引っ越すことをおすすめします。

10月の縁起が悪い引っ越し日

仏滅の日を避けた方がいいのは言うまでもありませんが、実はそれ以外にも引っ越しを避けるべき日があります。

「不成就日」「秋の土用」です。

不成就日は名前の通り、何をするにも縁起が悪い日で、月に4日ほど設定されています。

秋の土用は、年によっても違いますが10月後半から11月初旬にかけての期間です。

「土用」というと鰻や夏を思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は年4回、季節ごとに存在する期間なのです。

さらに「三隣亡」という建築関係の大凶日があります。

この日に家を建てたり引っ越したりすると、三軒隣まで悪いことが起こると言われている日です。

とは言っても、仕事などで「どうしてもこの日に引っ越さなきゃいけない」という場合もありますよね。

縁起はあくまで縁起なので、気にしない人は仕事の都合や安さなどで引っ越し日を選びましょう。

10月の引っ越しの準備や注意点は?


10月ならではの注意点もありますので、しっかり確認しておきましょう。

雨になったときの対策をする

10〜11月は秋晴れの季節ですが、10月初旬はまだ秋雨前線が停滞している可能性があります。

10月になれば台風などは少なくなっていますが、引越し日が雨というケースも考えておきましょう。

濡らしたくないものはビニールやタオルに包んで梱包したり、濡れない工夫をすることが大事です。

また、雨の場合の段取りなどは、引っ越し業者に事前に確認しておきましょう。

長距離の引越しはなるべく平日に!

10月は転勤による引っ越し需要があるため、長距離の引っ越しは割高になることが多いです。

ただでさえ高いのに、土日に設定するとさらに料金は上がってしまいます。

仕事などの関係で無理な場合は仕方ありませんが、もし可能ならなるべく平日に引っ越すのがおすすめです。

10月の値下げ交渉におすすめの日


言うまでもありませんが、引っ越しの値下げ交渉なら平日がおすすめです。

土日の場合、下手をすると全く値引きができない場合もあります。

また、午前中は人気が集中するため、時間に余裕がある人は午後からの引っ越しがおすすめです。

平日午後の引っ越しは最も安く済みますし、土日であっても午後なら値下げ交渉できる場合があります。


以上、10月引っ越しの相場まとめでした。

格安に引っ越ししたいという人は、引越し侍を使って色々な業者の料金を比較し、安いところと契約しましょう。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.