11月の引っ越しは安い!見積もりの相場やおすすめの引越し日まとめ

更新日:

秋も深まり、特にこれといったイベントもなく、落ち着いたイメージのある11月。

引っ越し業界は閑散期となる11月の相場安い日・高い日をまとめてみました。

11月の引っ越し相場


11月の引っ越し相場を、単身世帯、夫婦・カップル世帯、家族(3人以上)世帯別にまとめました。

平日や土日祝日、オプションの有無などでも料金は変わってきますが、ひとつの目安として参考にしてください。

単身引っ越しの相場

同じ都道府県内など、50km未満の距離の場合は平均3万円程度です。

距離が伸び、200km未満の距離(同一地方内など)の場合は、48000円前後になることが多くなります。

さらに遠距離、500km未満の距離になりますと、58000円くらいが相場です。

夫婦引っ越しの相場

夫婦やカップルなど、2人になれば荷物も2倍になります。

50km未満の場合は58000円、200km未満であれば75000円くらいが相場となっています。

500km未満だと12万円弱くらいが相場です。

10万円を超えるとさすがに躊躇してしまうかもしれませんが、荷物をなるべく減らすことがポイントですね。

家族引っ越しの相場

家族など、3人以上の引っ越しの場合はさらに荷物が増えます。

50km未満だと70000円、200km未満だと82000円前後が相場と見てよいでしょう。

500km未満になると130000円にもなります。

もちろん家族の人数や荷物の多さでも料金は変わってきますので、捨てられるものはなるべく捨ててから引っ越しましょう。

11月の引っ越しは安い!


実は、11月の引っ越しは1年で最も安いと言われています。

というのも、11月は特に目立ったイベントもなく、転勤や転職もそれほどない時期だからです。

それによって引っ越し需要が少なくなり、多くの業者はなるべく顧客を確保しようと、値下げに踏み出します。

また、引っ越し業者だけでなく、不動産も11月は空いていることが多いです。

そうなると敷金や礼金など、初期費用も値引き交渉しやすくなるため、11月は引っ越しに打ってつけの月だということがわかりますね。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


引っ越し料金が安い月とはいえ、1ヶ月通してずっと安いかと言われると、そうではありません。

11月の中にも、特に安くなりやすい日と、そんなに安くならない日があります。

せっかく11月に引っ越すのなら、一番安い日に引っ越したいですよね。

ぜひ、日程を決める際の参考にしてください。

11月の引越し料金が安い日

11月に限ってはいませんが、やはり平日は引っ越し料金が安くなります。

特に上旬~中旬の平日は安くなりやすいので、平日に休みを取れる人はそういった日を選ぶのがおすすめです。

また、荷造りと荷解きは自分でやったり、荷物の量をなるべく減らしたりすることも、引っ越し料金の節約につながります。

11月の引越し料金が高い日

毎月、月末は引っ越し需要が増えやすくなるため、料金も高くなりがちです。

そのため、11月といっても月末はなるべく避けることをおすすめします。

また、土日や祝日、特に連休は料金が高くなりやすいです。

11月は文化の日や勤労感謝の日などがあり、連休になりやすいので、事前に把握しておきましょう。

さらに、午前中の引っ越し便を選ぶと料金が高くなる傾向も。

午前中に引っ越しをすると後が楽ですが、料金重視でいきたいのであれば、フリータイム便などを選ぶと良いでしょう。

内見するならいつがいい?


11月は気候も安定していることが多く、内見するにもさほど困らないと思います。

不動産の混み具合などを考えるなら、土日よりもなるべく平日の方が良いでしょう。

逆に、あえて土日に内見して町の様子を観察してみるのも良いかもしれません。

町の住民にどのような人が多いのか、自分の肌で感じてみるのもおすすめです。

11月引越しのメリット・デメリット

11月に引っ越すメリットは?

なんと言っても、11月に引っ越すメリットは引っ越し料金が安いということ。

普段なら高くなる長距離料金も、11月は需要が少ないので値下げがしやすくなります。

またそれに伴い、引っ越しの予約も取りやすいので、希望の日に引っ越しできることが多いです。

引っ越し業者だけでなく、不動産も閑散期なので、初期費用や家賃を値下げしやすいこともメリットですね。

さらに、実際に引っ越しをしても、11月ならまだそこまで寒くならないので、作業もしやすいかと思います。

11月の引っ越しはまさにいいこと尽くめです。

11月に引っ越すデメリットは?

逆に、11月に引っ越すデメリットと言えば、短距離の引っ越し料金が他の月とそんなに変わらないことくらいです。

短距離はもともと安めに料金設定がされているため、11月だからといってさらに破格になることはあまりありません。

そのため、短距離の引っ越しの場合、11月のお得感がそんなに感じられないことが、唯一のデメリットと言えます。

とはいえ、11月に引っ越すデメリットはこれくらいなので、圧倒的に11月の引っ越しはおすすめです。

11月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


11月全体としては、縁起の良さや悪さは特にありません。

しかし、六曜や選日(せんじつ)と呼ばれる、縁起の良さを判断する暦があります。

特に縁起が良いと言われている日は以下になります。

縁起の良い日

大安

何をしても縁起の良い日

天赦日

1年に6日だけ、神さまたちが天の上に上がる最上の吉日

一粒万倍日

何かを始めるに最適な日

天恩日

天からの恩恵を受けられる日

大明日

太陽の恩恵を得られる、引越しや旅行に良い日

月徳日

住居に関することに向いている吉日

縁起を気にする人は上記の「縁起の良い日」がいくつか重なる日に引っ越しするのがおすすめです。

11月の引っ越しの準備や注意点は?


11月は引っ越しにはベストな月であり、天候も穏やかな日が多いです。

したがって、これといった注意点も特にありませんが、連休や連休前には注意が必要です。

11月は文化の日や勤労感謝の日があり、連休ができやすく、連休中や連休前は引っ越し料金が高くなる傾向にあります。

そのため、11月に引っ越したけどあんまり安くならなかった、ということにもなりかねません。

料金の安さを狙う場合は、なるべく連休を避けて引越すようにしましょう。

11月の値下げ交渉におすすめの日


11月は閑散期なので全体的に値下げがしやすいですが、土日・祝日は人気が集中しやすいためあまりおすすめしません。

連休前などを避けた平日に値下げ交渉すると安くなりやすい傾向にあります。

さらに、月末は引っ越し需要が少し増えるので、なるべく月の前半を狙うと良いでしょう。

もし引っ越す時間帯も気にしないなら、ぜひフリータイム便など、その業者の中で最も安いプランを選ぶのがおすすめ。

まとめると、月の前半の平日の午後などは、最も値下げ交渉がしやすくなります。

少しでも安くしたい人は、ぜひ検討してみてください。


以上、11月引越しの相場まとめでした。

格安に引っ越ししたいという人には、一番安い業者が簡単に見つかる引越し侍を使うことをおすすめします。

引越し侍はネットで申込みすると色々な業者から無料で見積もりをもらえます。

各社の料金を比較して一番安いところと契約しましょう。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.