12月の引っ越し相場はどのくらい?年末ならではの注意点は?

投稿日:

何かと忙しい12月の引っ越し相場や注意点などをまとめてみました。

12月の引っ越し相場


以下はおおよその相場となりますが、12月最終週はこれよりも2割ほど高くなる可能性が高いです。

単身引っ越しの相場

都内から都内への引越しなど、50km未満の移動だと平均で30,000円程度が相場となっています。

東京から静岡くらいの200km未満の移動距離ですと、48,000円くらいです。

さらに長距離、東京から大阪くらいの500km未満になると、58,000円くらいが平均相場です。

夫婦引っ越しの相場

夫婦やカップルなど二人の引っ越しの場合は、荷物も増えるのでその分高くなります。

50km未満の近距離だと、平均で58,000円くらいです。

200km未満だと75,000円、500km未満だと126,000円くらいが平均的な相場となっています。

あくまでも2人世帯の平均的な荷物量から計算しているので、荷物を減らせばどんどん安くなりますよ。

家族引っ越しの相場

3人以上の世帯になると、さらに荷物が増えて値段も上がります。

12月は50km未満だと平均で70,000円、200km未満だと82,000円くらいが相場です。

500km未満になると、平均相場は130,000円にもなってしまうので、なるべく荷物は減らしてから引っ越すようにしましょう。

また、エアコンの取り付けなどオプションがある場合は、さらに値段が上がりますので要注意です。

12月の引っ越しは安い!


12月はまだ引っ越し閑散期であるため、引っ越し料金も安いです。

特に12月の前半は安くなる傾向にあります。

何かとバタバタする月ではありますが、年明けから春になるにつれてどんどん高くなるので、年内に引っ越せるなら年内がおすすめです。

ただ、土日や下旬、特に年末は12月の中でも高くなりがちなので、その点だけ注意しましょう。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


全体的に閑散期と言える12月ですが、料金が高くなりやすい日もあります。

いつでも安いだろうと思って引っ越し日を決めると、思わぬ料金になってしまうことも。

引っ越し料金の高い日と安い日をしっかり把握し、なるべく安い料金で引越しましょう。

12月の引越し料金が安い日

12月だけではありませんが、やはり平日は土日と比べて引っ越し料金が安くなります。

また、月の後半よりも前半の方が引っ越し需要がないので安くなる傾向です。

さらに、1日の中でも午前中より午後の時間帯の方が、ぐっと料金を抑えることができます。

まとめると、月の前半の平日、午後の時間帯を選ぶと、12月の中で最も安く引越しをすることができるでしょう。

12月の引越し料金が高い日

月の前半は引っ越し料金も安いですが、後半になるとだんだん高くなっていきます。

特に12月は、下旬から学校の冬休みや会社の年末年始休暇が始まりますよね。

その休みを利用して引っ越す家族やカップルも意外と多く、引っ越し業者は閑散期の中でもプチ繁忙期になります。

また、月の前半であっても土日は料金が高くなりやすいなので、見積もり時に確認しておきましょう。

12月に内見するならいつがいい?


内見する場合も、やはり月の後半より前半をおすすめします。

後半になって忙しくなってくると、不動産側としてもスケジュールが詰まっていき、最低限の情報しか得られないことが多いです。

逆に前半だと不動産も閑散期のため、たくさんの空き物件を見たり、ゆっくり内見できます。

業者や店舗にもよりますが、内見も混んでいるときよりは空いているときに済ませるのがおすすめです。

特に12月は下旬になると各業界の忙しさもピークになりがちですし、そもそも年末年始休暇に入る業者もあります。

なるべく月の前半に、余裕を持って内見に行きましょう。

12月引越しのメリット・デメリット


12月に引っ越すと、料金が安いこと以外にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ご自分の状況と照らし合わせて、引っ越しのタイミングを決める材料にしてください。

12月に引っ越すメリット

①涼しくて作業しやすい

12月は冬の時期なので、汗をかかないで荷造り・荷解き・部屋の掃除ができます。

引っ越し業者の汗が部屋に垂れる心配もないですね。

②大掃除をしなくていい

年に一度の年末大掃除はかなり大変ですが、12月に引越しするなら大掃除は必要ありません。

部屋を出るとき、どうせ業者によるクリーニングが入るので、それを大掃除の代わりにすればいいです。

なので、部屋の中はある程度きれいにすればオッケー。

さらに新居も引っ越したばかりならきれいなので、その年は大掃除をする必要がありません。

掃除が苦手な人にとっては、大きなメリットでしょう。

③年末年始に荷解きできる

引っ越しのあとに大変なのが、荷解きや荷物の整理です。

長期休暇じゃないときに引っ越すと、仕事をしつつ荷解きしなければいけない日が続きます。

しかし、年末年始の連休に引っ越しできれば、自分のペースでのんびり荷解きをすることができますね。

ただし、年末年始はさまざまなお店が休業となりますので、必要なものの買い出しだけは済ませておきましょう。

④引越し業者の作業員に余裕がある

引っ越し業者によって差はありますが、12月は閑散期で春のように1日に何回も引越しが重なっているわけではありません。

そのため、作業員のアルバイトには時間の余裕があり、作業中のミスが発生しにくいです。

安心して作業を頼みたいなら、ぴったりの季節でしょう。

12月に引っ越すデメリット

①インフラの手続きに注意が必要

12月は正月連休があり、その間は電気・ガス・水道の手続きが出来ません。

特にガスの開栓は立ち会いが必要であり、遅くても2週間前には予約しておかないと、希望した日にならない可能性があります。

また、インターネット回線の工事日も同じで、土日の工事はすぐに埋まってしまうので、なるべく早めに申し込んでおきましょう。

②道が渋滞する可能性がある

年末年始の引っ越しで気を付けなければいけないのが道路の混雑です。

帰省ラッシュと重なってしまった場合、トラックの到着が遅れ、作業開始時間にも影響が出てしまいます。

特に長距離の引っ越しを考えている方は、十分に時間の余裕を持っておきましょう。

12月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


12月の引っ越しは、これと言って縁起が良いとか悪いなどといった暦がありません。

どちらでも大丈夫、ということですね。

縁起を気にされる方は、毎月の六曜や選日に気を付ければ大丈夫です。

たとえば大安・天赦日・一粒万倍日に引っ越しをして、仏滅や不成就日を避けるなど。

ただ、大安などの縁起の良い日は人気が集まって引っ越し料金が高くなりやすいので要注意です。

12月の引っ越しの準備や注意点は?


年末ならではの注意点は以下になります。

地域によっては天候に注意

関東以南ではそれほど心配することはないかもしれませんが、12月は冬の真っ只中。

東北地方や日本海側では、雪が降っている可能性もあります。

雪の中で引っ越し作業をすると荷物が濡れる可能性がありますし、道も思ったように進めません。

雪が降ったときはビニールのカバーなどを用意してもらえるか、訪問見積もりに来た営業マンに確認しておきましょう。

業者や店の休業日に注意

業者やお店によって年末年始休暇は違うので、事前によく調べておきましょう。

引っ越し業者が年末ギリギリまで営業していたとしても、新居の周りのお店はもう閉まっていたということもあります。

そうなると、引っ越し先で調達しようと思っていた生活用品がお正月明けまで買えないという事態も。

年末の引っ越しを避ければ済む話ですが、どうしても年末に引っ越さなければいけない場合は注意が必要です。

手続き関係を忘れないよう注意

引っ越しの前後は、転居届や転入届を役所に提出したり、子どもがいる場合は転校の手続きなどが必要になります。

普段ならすぐに済ませればいいのですが、年末は何かとバタバタして忘れがちです。

しかも、下旬だと区役所や市役所は年末年始休暇に入っている場合があります。

学校も冬休み期間になっていることが多いため、手続きが煩雑になってしまうことも。

特に転入届などは「今度でいいか」と後回しにしてしまいがちですので、忘れないようにしましょう。

12月の値下げ交渉におすすめの日


引っ越し料金の値下げ交渉をするのであれば、まず平日にすることがおすすめです。

閑散期と言えど土日は需要が高くなり、値引きもしづらくなります。

また、平日でも土日でも、安くしたいのであればなるべく午後便を選びましょう。

午前中は人気が集中するため、値引きどころか業者によっては予約でいっぱいになっている可能性もあります。

「この日であれば何時でもいい」など、業者に好きな時間を選んでもらうと、値引きの材料にしやすくなるので使わない手はありません。

また、キャンペーンなどをやっていないかも要チェックです。

特に閑散期は集客のためにキャンペーンを行っている業者も多いので、引越し侍などの一括見積もりサービスを利用して、最安の業者を見つけましょう。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.