1月の引っ越し相場はいくら?値引き交渉のコツ・縁起の良し悪しまとめ

投稿日:

1月はお正月・年明けということもあり、あまり引っ越しをするイメージはありません。

そのため、他の月と比べて格安となっています。

今回は1月の引っ越し相場縁起の良し悪しについてまとめてみました。

1月の引っ越し相場

単身引っ越しの相場

50km未満のミニ引っ越しなら相場は約30,000円ほどになります。

200km以内くらいの中距離引っ越しは48,000円くらい、これ以上の距離なら60,000円くらいです。

夫婦引っ越しの相場

夫婦やカップルなど、2人世帯の場合は当然荷物も増えますので、単身よりも料金が高くなります。

50km未満だと平均相場は58,000円くらい、200km未満だと75,000円くらいです。

500km未満だと平均して126,000円になり、1年の中でも安い方とは言え、10万円以上になってしまいます。

引っ越し料金は荷物の量にも左右されますので、安く抑えたいのであればなるべく荷物を減らして引っ越すことがポイントです。

家族引っ越しの相場

家族など、3人以上の世帯になるとさらに荷物は増え、平均相場も上がります。

50km未満でも平均で約70,000円、200km未満だと82,000円くらいに。

500km未満になると、130,000円にもなります。

こちらも、やはり料金を安くするにはなるべく荷物を減らすことが大切です。

捨てられるものは引っ越し前に捨てておくなど、できる限り工夫をしてみましょう。

1月の引っ越しは安い!


1年の中でも12月から1月にかけて、特に1月は引っ越し料金がとても安く、ほぼ底値で引っ越すことができます。

1月は時期的にも引っ越す人が少なく、閑散期となるためです。

12月も1月と同じくらい安いですが、1月の方がより安くなる業者も多くなっています。

まさに、引っ越しを格安で行うにはぴったりな時期でしょう。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


閑散期の1月だからといって、全ての日が安いわけではありません。

これを知っておかないと、意外と高くなってしまったということにもなりかねないので、安い日と高い日を確認しておきましょう。

1月の引越し料金が安い日

他の月にも当てはまりますが、月末よりも月初~中旬の方が引っ越し需要が少なく、料金も安くなる傾向にあります。

また、当然ですが土日よりも平日の方が安いです。

1月の場合、三が日に営業している業者もありますが、逆に高い料金設定になっていることもあります。

4日以降は平日であれば安いので、三が日は避けた方が無難でしょう。

1月の引越し料金が高い日

月末はどの月であっても引っ越し需要が高まる時期なので、1月も少し高めになっています。

また、土日は高くなるので要注意です。

まとめると、上旬~中旬の平日が一番安く下旬の土日が高いということになりますね。

せっかく1月に引っ越しが決まったら、ぜひ一番安い日に引っ越せるようにしましょう。

1月に内見するならいつがいい?


物件探しや内見は、1月はあまりおすすめできません。

というのも、引っ越し需要がない1月は人の動きもないということ。

人の動きがないと、人気のある物件もなかなか空きません。

引っ越し期間に余裕があるのなら、2月になるまで継続して物件を探していると、だんだん良い物件に空きが出てきますよ。

1月引越しのメリット・デメリット

1月に引っ越すメリットは?

1月に引っ越すメリットは、ずばり引っ越し料金が安いということです。

ほぼ底値で引っ越しができるのは1月上旬~中旬の平日なので、とにかく安くしたい人にはぴったり。

また、閑散期なので、予約が取りやすいこともポイントです。

繁忙期では希望の日に引っ越すことすら難しい場合があるので、これは大きなメリットとなります。

1月に引っ越すデメリットは?

1月に引っ越すデメリットは、単身の引っ越しの場合、ベテランが配属されにくいことです。

引っ越し業界は3月が最も忙しい繁忙期。

その繁忙期に向けて、1月は2月はトレーニング時期として、ベテランが新人と一緒に作業することが多くなります。

そして、単身よりも家族の引っ越しの方が学べることが多いため、どうしても人数が必要な家族の引っ越しの方にベテランがあてられることが多いです。

結果的に、単身引越しは2人ほどいれば十分なので、ベテランではありませんが一人立ちしたスタッフが担当するケースが多くなります。

もちろん、業者もプロですので、ベテランでなくてもミスが発生しないよう最大限に気を配ってくれるはずです。

しかし、どうしても不安な場合は、見積もりのときなどにベテランを希望するのが良いでしょう。

1月は閑散期ですので、そういった要望にも応えてくれる可能性があります。

1月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


1月は年の初めということもあり、おめでたい、縁起の良いイメージがありますよね。

しかし、引っ越しにおいては縁起が悪い月となっています。

1月の引っ越しの縁起が悪い理由

「正五九祭」という仏教の催事が1月・5月・9月にあり、この時期に引っ越しや結婚をすることは避けるべきとされているためです。

ただ、これは旧暦の数え方であるため、現在の太陽暦に当てはめると2月・6月・10月になります。

旧暦で言われていることからもわかるように、随分昔のしきたりや迷信ですので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

また、昔は引っ越し業者というものがなく、引っ越しをするときは身内や知人に手伝ってもらうのが一般的でした。

1月に引越しの手伝いをお願いすると、「せっかくのお正月でゆっくりしたいのに、迷惑だ」と思われてしまいますよね。

そのため、1月の引っ越しを避けるようになったと言われています。

現在では引越し業者がありますので、そのような心配は無用です。

現代においてはあまり気にするべきでないことかもしれませんね。

少しでも縁起を良くする方法

もし、どうしても縁起が悪いのが気になるのであれば、工夫をして縁起が良くなるようにしましょう。

具体的には、引っ越し日より前に新居の掃除をして盛り塩をしたり、仏壇や神棚があれば一番先に新居に入れるなどです。

また、引っ越す日が仏滅などにあたってしまった場合は、それより前の大安の日に荷物の一部だけでも入れておくと、その日に引っ越したということになります。

縁起を気にされる方は、ぜひ試してみてください。

1月の引っ越しの準備や注意点は?

風邪を引かないよう注意

まず気候ですが、1月は真冬です。

屋外の作業などが増えると風邪を引きやすくなります。

特に手足が冷えやすいので、作業時には軍手をつけたり、厚手の靴下を履くのがおすすめです。

作業員さんも寒い思いをしているので、作業が終わったら何か温かい飲み物を差し入れてもいいかもしれませんね。

雪に注意

地域にもよりますが、雪が降りやすい場所は要注意です。

荷物が濡れてしまいますし、積もると通行止めになる道路も出てきます。

もし雪が降っていたら移動時間はいつもよりかかると考え、余裕を持ったスケジュールにしておくと良いでしょう。

道路の混雑に注意

長期休暇ならではの問題ですが、年始の帰省ラッシュに巻き込まれてしまうケースもあります。

特に長距離の引っ越しをする人は要注意です。

渋滞につかまってしまうと、予定より数時間も遅れてしまうことがあります。

そうなると作業開始時間も遅れてしまうので、やはり余裕を持ったスケジュールを確保しておくのが良いでしょう。

ライフラインの工事日に注意

こちらも長期休暇、特に年末年始ならではの問題ですが、ライフラインの休業期間に注意です。

年末年始はほとんどのライフライン業者が休みになるため、工事の予約が取れないと、最悪お正月明けまで待たなくてはいけないことも。

お湯やネットが使えない状態での年越しは嫌ですよね。

お正月明け以降の引っ越しなら問題ありませんが、年末年始に引っ越す場合は前もって電気・ガス・水道の申し込みをしておきましょう。

1月の値下げ交渉におすすめの日


1月は閑散期ですが、とにかく安くするのであれば平日がおすすめ。

特にお正月明けの上旬から中旬の平日は、値下げ交渉に応じてくれる日がほとんど。

また、引っ越す時間帯を午後便フリー便にすると、より安くなるでしょう。

ただし、何時でもいいと言ってしまうと、かなり後回しにされる可能性もあります。

道路の混雑や雪など、なるべくスケジュールには余裕を持った方がいいので、ある程度の範囲の時間指定はしておいた方がよいでしょう。

引っ越しを安くしたいなら引越し侍を一番おすすめします。

複数の業者から見積もりをもらえるサービスなのでカンタンに最安の業者が見つかります。

格安の業者を見つけ、引っ越し費用を節約しましょう。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.