2月の引っ越し相場はいくら?繁忙期を目前に割引はできる?

投稿日:

1年で最も引っ越しする人が多い3月の前の月である2月。

相場は気になりますよね。

「2月の相場」「引っ越し料金が高い日・安い日」まとめてみました。

2月の引っ越し相場


実は、2月は月の前半と後半で平均相場が大きく異なるのです。

前半はまだ閑散期ですが、後半になるにつれて繁忙期に突入します。

そのため、2月のいつ引っ越しするかで料金が倍以上変わることも。

単身、夫婦、家族の3パターンの世帯に分け、月の前半と後半の平均相場をそれぞれ紹介します。

単身引っ越しの相場

50km未満の近距離引っ越しの場合、月の前半の平均相場は30,000円くらいです。

しかし、後半になると約50,000円に跳ね上がります。

もう少し距離が伸び、200km未満の引っ越しになると、前半は50,000円くらい、後半は65,000円くらいです。

さらに長距離、500km未満になると、前半は60,000円、後半は80,000円くらいになります。

最も安い単身引越しであっても、月の前半と後半でかなりの差があることがわかりますね。

夫婦引っ越しの相場

夫婦やカップルなど2人の引っ越しの場合、50km未満だと月の前半で60,000円、後半では88,000円くらい。

200km未満の距離だと、前半の平均相場は75,000円、後半は110,000円にもなります。

さらに500km未満の距離になると、前半は120,000円、後半は150,000円にも上ります。

もちろん荷物の量で値段は変わってきますので、あくまでも参考程度に考えてください。

家族引っ越しの相場

3人以上の世帯になると、50km未満で月の前半は平均70,000円、後半では100,000円になることも。

200kmだと前半で82,000円、後半で120,000円~130,000円にも上ります。

さらに500kmだと、前半で130,000円、後半では160,000円が平均相場です。

月の前半と後半で、だいたい2〜3万円前後の差が出ていることがわかると思います。

2月の前半は安い!後半は高い!


2月は確かに引っ越し閑散期で、安く引っ越すことが可能です。

しかし、後半になるとほぼ繁忙期に突入すると思ってください。

というのも、大学に合格した高校生や会社が決まった新社会人など、2月後半は学生が動けるようになる時期だからです。

日程や業者によっては、なんと月の後半の引っ越し料金が前半の3倍近くに跳ね上がることも。

このように、2月は前半と後半で引っ越し料金が異なる月なので注意が必要です。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


2月の中でも、引っ越し料金が特に安い日・高い日が存在します。

事前にチェックしておき、なるべく安い値段で引っ越しできるようにしましょう。

2月の引越し料金が安い日

2月前半は閑散期なので、後半に比べると圧倒的に料金が安くなっています。

というのも、引っ越し業者は繁忙期の3月に向けて大量に人を雇いますが、2月はまだ引っ越し需要がそれほど高くありません。

しかし、雇ったスタッフの人件費は発生するので、安くてもなんとか引越し受注件数を増やしたいところ。

そのため、2月前半は安く引っ越しができます。

特に平日の午後は料金が最も安くなるので、格安で引っ越したい人にはおすすめです。

2月の引越し料金が高い日

2月後半は新大学生や新社会人の引っ越しが始まるので、引っ越し繁忙期に突入します。

2月後半、特に20日以降の引っ越し料金はかなり高くなると考えて良いでしょう。

下旬の中でも土日は特に値段が上がります。

どうしても2月下旬にならないと引っ越せない場合は、なるべく平日の午後などを選び、少しでも料金が安くなるようにしましょう。

2月に内見するならいつがいい?


2月になると、だんだん良い物件に空きが出てきます。

ただ、やはり下旬の繁忙期に突入すると、良い物件がなくなっていくのもあっという間。

不動産屋さんに自分の希望を伝えておき、条件に合致する物件の空きが出たらすぐに内見を申し込むなど、とにかくスピーディーに動きましょう。

もたもたしていると他の人に取られてしまうので、内見もなるべく早い方がいいです。

時間があれば、1日に数件内見をして、第3希望くらいまで決めておくとよいでしょう。

2月引越しのメリット・デメリット

2月に引っ越すメリットは?

月の前半は安く引越しできる

1月から2月前半くらいまで引っ越し業者は閑散期となっています。

そのため、選ぶ日や時間帯にもよりますが、ほぼ底値での引っ越しが可能です。

家の初期費用や新しい家具など、何かとお金がかかりますので、引っ越し料金だけでも安く済ませたいですよね。

格安で引っ越しをするには、2月前半までならぴったりです。

予約が取りやすい

閑散期ということは、予約も取りやすいということ。

引っ越し繁忙期は希望の日に引っ越すことすらなかなか難しいですが、閑散期であればその心配はありません。

引っ越し需要が少ないので希望の日に引っ越せる可能性が高いだけでなく、オプションなど個人的な希望も安く引き受けてもらいやすいです。

希望の条件で引っ越しができると心に余裕も生まれ、作業もゆっくりすることができますよね。

2月に引っ越すデメリットは?

前半を逃せば一気に高くなる

2月前半までは引っ越し閑散期ということは、後半になるにつれてどんどん料金が高くなるということです。

もし物件がなかなか決まらなかったりもたもたしたりしていると、すぐに引っ越し繁忙期へ。

2月の後半から4月上旬くらいまではずっと繁忙期が続くため、2月前半を逃せば高い料金で引っ越すしかありません。

なかなかリスキーな時期ではありますが、とにかく早く物件を決めて引っ越しの見積もりをもらうことが大切です。

転校のタイミングが悪い

学校に通うお子さんがいる家庭の場合は、引っ越しに転校が伴います。

学校では3月下旬から春休みに入るため、2月は1学年の終わりに近い時期。

この時期に引っ越しても、またすぐ春にクラス替えがある場合もありますし、転校に適したタイミングとは言えません。

中途半端な時期だと子供が学校になじみづらいこともあるので注意が必要です。

2月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


2月は、特に縁起が良いとか悪いとか言われる月ではありません。

強いて言うなら、古くから日本において引っ越しに向かないとされている「正五九祭」を、現代の太陽暦に置き換えると2月に当てはまることくらいでしょうか。

しかし、あくまで「1月、5月、9月」の引っ越しの縁起が悪いとされているものであり、そもそも現代では迷信と捉える人の方が多いです。

そういったことを気にしないのであれば、2月は引っ越しをしても何の問題もないでしょう。

六曜や選日など、毎月の暦に関しても、気にするのであればなるべく仏滅などを避けるのが良いですが、気にしないのであればいつでも大丈夫です。

2月の引っ越しの準備や注意点は?

物件はなるべく早く決める

引っ越し料金を安くするために、物件が決まる前に引っ越し業者に見積もりを取っておくのも一つの手です。

正確な住所が決まっていなくても、だいたいで見積もりを出してくれる業者がほとんど。

しかし、繁忙期になると、住所が決まっていないと見積もりを出せないことが多くなります。

そうなると結局見積もりを取るのが遅くなり、繁忙期に入ってしまうということになるので、なるべく早く物件は決めておいたほうがよいでしょう。

降雪時のために事前に打合せをする

2月は真冬です。

東北地方や北海道はもちろん、関東でも大雪が降ることがあります。

もし引っ越しの日に大雪が降ったら大変ですよね。

2月だけでなく、冬に引っ越す場合は、引っ越し業者と事前に話し合いをしてどうするかを決めておきましょう。

引っ越し業者の方にも降雪時のマニュアルがあるはずですので、対応を教えてくれます。

電気を先に通しておく

2月に限った話ではありませんが、冬は日が沈むのが早いです。

特に午後便やフリー便など、荷解きが午後になる場合、必ず電気の契約だけはしておきましょう。

電気だけでなく、ガスや水の申し込みも必要ですので、なるべく同じ日に全部開通するようにするとラクですね。

2月の値下げ交渉におすすめの日


2月に引っ越し料金の値下げ交渉をするなら、とにかく早めに問い合わせることです。

遅くとも2月中旬までに引っ越すようにすると、まだ割引がきいたり、値下げ交渉に応じてもらえる可能性が高くなります。

また、業者の都合に合わせると一番安くなる日を教えてもらえますよ。

「○日から○日の間で一番安い日を教えてほしい」などとお願いすると、スケジュールに無理することなく安く引っ越すことができるのでおすすめです。

それか、引っ越しする日が決まっている場合は引越し侍を使いましょう。

このサイトを使うと複数の業者から見積もりをもらえるため、カンタンに一番安い引っ越し業者が見つかるのでおすすめです。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.