4月の引っ越し相場はいくら?安い日はいつ?安くするコツは?

更新日:

引っ越しシーズンの3月が過ぎ、4月は引越し料金が安くなると思っていませんか。

新生活がスタートする4月は引っ越しする人が多いので相場は高めです。

なので今回は、

・4月の相場
・引っ越し料金が安い日、高い日
・引っ越し料金を安くする方法

などをまとめてみましたのでぜひご覧ください。

4月の引っ越し相場

単身引っ越しの相場

単身引越しなら安いだろうと思っても、意外とまだまだ高いのが4月の引っ越し。

距離別で見ると、平均相場はこんな感じです。

20km以内:40,000円前後
50km以内:45,000円前後
200km以内:50,000円前後

ちなみに、20kmは都内の引っ越し、50kmは隣の県への引っ越し、200kmは同一地方内の引っ越しくらいの距離です。

相場は3月とほとんど変わりません。

閑散期だと20kmくらいの単身引越しは30,000円くらいが平均相場なので、4月はまだまだ繁忙期だということがわかります。

カップル引っ越しの相場

カップルや夫婦など、2人で引っ越す場合の平均相場はこんな感じ。

20km以内:70,000円前後
50km以内:80,000円前後
200km以内:100,000円前後

単身の2倍とまでは行きませんが、やはり荷物が増える分、金額も増加します。

いかに荷物を減らせるかがポイントになるでしょう。

家族引っ越しの相場

ファミリーの平均相場はこちらです。

20km以内:80,000円前後
50km以内:100,000円前後
200km以内:120,000円前後

もちろん、人数が増えるほど荷物も増えるので、金額も上がると考えてください。

50km以内の時点で既に10万円となっています。

やはり荷物の多さがネックなので、いらないものはなるべく引っ越し前に処分しちゃいましょう。

4月の引っ越しは高い!


4月上旬は3月に引っ越せなかった人たちが多く引っ越すタイミングです。

特に4月1週目の土日までは、3月と同じくらいの料金になることがほとんど。

とはいえ、実は4月は日によってかなり引っ越し料金に差がある月で、ガクンと料金が安くなる日もあるんです。

以下に引っ越し料金が安い日や高い日をまとめてみました。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


料金が高い日と安い日を知っておくことで、お得に引っ越すことができます。

4月に引っ越すなら、安い日を確認しておきましょう。

4月の引っ越し料金が安い日

4月の引っ越し料金が安いのは、ずばり4月の中旬

特に中旬の平日はびっくりするほど安くなることが多いんですよ。

中旬は新社会人や新大学生の引っ越しも落ち着くため、3月のような高い料金にはなりません。(引っ越し業者によって違いますが。)

4月に引っ越すなら、ぜひ中旬の平日を狙いましょう。

4月の引っ越し料金が高い日

逆に4月で高いのは、上旬下旬です。

特に4月はじめの1週目は、3月に引っ越せなかった人たちが流れてきます。

また、最終週はゴールデンウィークに入るので、長期休暇を使って引っ越そうと考えている人たちがいます。

そのため、これらの日はヘタすると3月と同じくらいの料金になることも。

1週間ずれるだけで1.5倍~2倍くらい料金が違うこともあるので、日程選びには慎重になりましょう。

4月に内見するならいつがいい?


4月に物件を探す場合は、まずゴールデンウィークに重ならないよう、中旬までに内見をするのが吉です。

長期休暇のうちに家を探そうという人はけっこう多いので、もたもたしていると不動産も予約でいっぱいになってしまいます。

平日であれば比較的空いている日が多いので、平日に動ける人は内見も平日に済ませるといいですよ。

ただ、3月の引っ越しシーズンが終わり、4月はいい物件が空いていないのも事実。

もし希望する条件が多いなら、長期にわたって物件を探すことも視野に入れた方がいいかもしれません。

また、地域密着型の不動産だと穴場の物件があったりするので、そういうところを利用するのも良いでしょう。

4月引っ越しのメリット・デメリット


4月に引っ越しするのであれば、メリットやデメリットも知っておきたいですよね。

どちらもよく把握した上で、自分が4月に引っ越すべきかどうかを決めましょう。

4月に引っ越すメリットは?

まず、日を選べばそこそこ安い料金で引っ越しできることがメリットの一つですね。

上旬や下旬は要注意ですが、中旬の平日なんかは特に安く引っ越せる時期です。

「3月か4月に引っ越さなきゃいけないけどそんなにお金はない」という人は、4月中旬の平日引っ越しが絶対におすすめ。

逆に、ここを逃せばゴールデンウィークに入ってまた値上がりしてしまうので、前もって予約して業者をおさえておきましょう。

また、4月は適度に暖かく、気候的に作業しやすいこともメリットです。

真夏の引っ越し作業は熱中症の危険がありますし、かと言って真冬だと風邪を引く可能性も。

春や秋の引っ越しはとても作業しやすいので、気持ちに余裕を持てるでしょう。

4月に引っ越すデメリットは?

4月に引っ越すデメリットは、タイミングを間違えると一気に料金が高くなること。

基本的に4月の引っ越し料金は高いんです。

4月半ばの1週間が安いだけで、月初も月末も平均相場は高いまま。

もしちょっとタイミングがずれてしまうと、それだけで料金がグンと上がることもしばしば。

確実に中旬に引っ越せるなら良いですが、そうでない場合はちょっとギャンブル性が高いかもしれないですね。

また、4月は新生活が始まる季節。

新大学生や新社会人でなくとも、環境が変わる人は少なくありません。

そういうちょっとバタバタした時期に引っ越しが重なると、思った以上に忙しくなります。

最悪の場合、体調を崩してしまうことも。

4月は忙しくなりそうという人は、4月の引っ越しは避けた方がいいかもしれませんね。

4月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


4月の引っ越しは、特に縁起が良いとか悪いとかはありません。

気になる人は、大安や仏滅などの六曜、それと一粒万倍日などの選日だけ考慮しておけば大丈夫です。

基本的に大安は何をするにしても縁起がいい日ですし、逆に仏滅は避けるべき日。

一粒万倍日は「大いに実りがある」という意味から、何かを始めるにはぴったりの日とされています。

引っ越しをするにしても、とても縁起がいいということですね。

ただ、大安や一粒万倍日はそのせいで引っ越しの人気が高まり、料金が上がってしまうことも。

また、せっかく安く引っ越せそうな日があるのに「仏滅だからやめよう…」というのは少しもったいないですよね。

縁起をとても大切にしているという方は別ですが、そうでない場合は「料金を優先して日程を決める」と良いでしょう。

4月の引っ越しの準備や注意点は?


引っ越ししてから困ったことになるのは誰でも避けたいですよね。

4月ならではの引っ越しの注意点も忘れずにチェックしておきましょう。

早めに予約を取る

まず大切なのが、早めに引っ越しの予約を取ること。

4月は中旬の相場が安めになっていますが、それでもあまり直前だと既に予約で埋まっている可能性もあります。

値引き交渉をするにしても、直前だと渋られてしまうケースもあるので注意しましょう。

物件が決まったら、引越日の1ヶ月くらい前には見積もりをもらって予約を取るのがおすすめです。

手続きを忘れないようにする

4月は何かと環境が変わり、バタバタするタイミングです。

新生活の対応に追われて、つい書類の提出などを忘れちゃうこともありますよね。

特に「転入届」などは忘れてしまいがちなので気をつけましょう。

転入届は引っ越してから原則14日以内に、新居のある場所の役所に提出することになっています。

手続きは自分の行けるタイミングで問題ないですが、なるべく早めに済ませてしまいましょう。

4月の値下げ交渉におすすめの日


4月に引っ越しの値下げ交渉をするなら、絶対に4月中旬を狙うのがおすすめ。

上旬や下旬は人気が集中するので、値下げに応じてもらえない可能性の方が高いです。

また、土日よりも平日ならさらに安くなりやすいですよ。

さらに言うと、時間帯も午前中ではなく、午後便時間フリー便にするとほぼ底値まで安くなります。

自分の荷物を減らすのも値引き交渉に有効なので「いらない家電・家具」や「着るかわからない服」などは、これを機に処分してしまいましょう。

4月の引っ越しは、業者によって料金の差が大きいため、引越し侍などの一括見積もりサービスを使って、安い業者を見つけましょう。

Copyright© 引越しハック , 2020 All Rights Reserved.