7月の引っ越し相場はいくら?夏休みは値段は変わる?予約は取れる?

更新日:

梅雨が明けて、夏休みにも突入する7月。

実は7月は相場の変動が激しい月なので、事前に知っておかないとやばいことになります。

7月の引っ越し相場

単身引っ越しの相場

単身世帯の場合、引っ越し相場は以下の通り。

50km以内:30,000円から
200km以内:50,000円から
500km以内:60,000円から

ちなみに、50km以内だと都内の引っ越し、200kmは東京から静岡くらいまで、500kmは東京から大阪くらいまでをイメージしてください。

単身世帯は割と安価で済むことがわかりますね。

しかし、後でご紹介しますが、これはあくまでも7月の中でも一番安いラインだと思ってください。

タイミングを逃すとこの1.5~2倍近くになってしまうケースもあるので、注意が必要です。

夫婦引っ越しの相場

夫婦やカップルなど2人世帯の場合は荷物も増えるので、料金相場も上がってきます。

50km以内:60,000円から
200km以内:75,000円から
500km以内:120,000円から

こちらも7月の中でも比較的安い方の料金相場なので、タイミングによってはこれよりも高くなる可能性があります。

また、荷物量によっても料金は異なってくるので、なるべく荷物を減らすようにしましょう。

家族引っ越しの相場

家族だと以下のような料金相場になります。

50km以内:70,000円から
200km以内:80,000円から
500km以内:130,000円から

家族世帯はやはり荷物量が増えてしまうので、ある程度高くなってしまうのは仕方ありません。

なるべく荷物を減らすよう、引っ越し前には断捨離をすることをおすすめします。

7月の引っ越しは高い!


7月は前半(海の日くらいまで)は安いんですが、後半は相場が高くなります。

主な理由は3つ。

1つ目は、夏休みに入った大学生たちの引っ越しがあるから。

春から一人暮らしを始めたはいいものの気に入らない物件だったり、または秋から一人暮らしを始めようとしたりする学生たちは夏休みを利用して引っ越します。

2つ目は、家族連れの引っ越しが増えるから。

7月後半から子どもたちは夏休みに入るので、子どもの休み中に引っ越そうと考える家族は多いんです。

そして3つ目は、梅雨が明けるから。

6月は梅雨だからということで引っ越しを見送り、梅雨が明けたら引っ越そうと考える人もそこそこいます。

そんなわけで、こういった人たちの需要が重なって7月後半は引っ越し件数が多くなり、相場も高くなるということです。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


7月は同じ月の中で引っ越し料金が安い日と高い日がはっきりわかれている、珍しい月です。

いつ引っ越せば安くなるのか、しっかり確認しておきましょう。

7月の引っ越し料金が安い日

7月の引っ越しが安くなるのは前半です。

特に海の日の前までなら学校も夏休みではありませんし、梅雨明けもしていない可能性が高いですよね。

梅雨に引っ越したいという人は少ないので、引っ越し業者にとっては夏休みまでほとんど閑散期となります。

そのため、7月中に安く引っ越したいなら絶対に前半がおすすめ。

平日ならさらに安くなるので、絶好のチャンスですよ。

7月の引っ越し料金が高い日

引っ越し料金がグンと上がるのは、海の日を境にした7月後半です。

小学校~高校は夏休みに入り、家族世帯の引っ越しも増えますし、学校によっては大学生でも既に夏休みに入っていることがあります。

引っ越し業者の夏の繁忙期の始まりと言ってもいいくらいなので、わざわざ後半に引っ越すのはおすすめできません。

どうしても7月後半に引っ越さなきゃいけない場合は、タイムフリー便や午後便にするなど工夫して、少しでも安くなるようにしましょう。

7月に内見するならいつがいい?


7月に内見する場合も、前半がおすすめです。

後半になってしまうと、秋に引っ越すための物件を探す人たちが増えてきます。

そうなると不動産も忙しくなり、前半に比べてじっくり内見できない可能性も。

前半はまだ梅雨なので雨が降っている可能性もありますが、むしろチャンスです。

雨漏りしていないか、家の中で極端に湿気がこもる場所はないかなど、雨の日にしか確認できないこともあります。

ぜひ内見も前半に済ませてしまいましょう。

7月引っ越しのメリット・デメリット

7月に引っ越すメリットは?

7月に引っ越すことのメリットは、まず7月前半は引越し料金が安いということ。

6月も梅雨の影響で引っ越し相場は安いですが、それがまだ続いているというイメージです。

「どうせなら梅雨明けしてから引っ越そう」と考える人が多いため、梅雨の空けていない7月前半はまさに狙い目というわけですね。

さらに、引っ越す人があまりいないということは、予約も取りやすくなります。

7月後半になるとそうもいかなくなりますが、前半なら自分の希望した日時で引っ越しできることがほとんどです。

スケジュール的に引っ越しできる日が限られているという方も、これなら安心ですね。

7月に引っ越すデメリットは?

逆に7月に引っ越すデメリットは、梅雨が明けていないこと。

後半になれば梅雨明けしますが、料金が安くおすすめの前半はどうしても雨の降る確率が高くなっています。

梅雨明けしていないことが安い理由にもなっているので、雨対策はしなければいけません。

さらに、メリットの逆として、7月後半は料金が高くなり、予約も取りづらくなってきてしまいます。

また、7月は夏真っ盛り。

特に梅雨明けしてからの後半は猛暑日になる可能性が高く、引っ越し中に熱中症になってしまうことも考えられます。

飲み物を準備したり、必ず暑さ対策をしておきましょう。

7月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


7月の引っ越しは特に縁起の良し悪しはありません。

気になる人は、大安や仏滅などの六曜、天赦日や一粒万倍日などの選日にだけ気を付けておけば大丈夫です。

ちなみに、一粒万倍日はその名の通り、「一粒が万倍もの実りになる」というとても縁起が良い日。

何かを始めるには打ってつけとされているので、引っ越しにもぴったりなんです。

また年に数回しかない天赦日は「天がすべての罪を赦してくれる」と言われる日。

とてもレアな選日なので、この日の引っ越しも縁起が良いです。

気にされる方は、ぜひ参考にしてみてください。

7月の引っ越しの準備や注意点は?


7月に引っ越すとき、気を付けるべきことや注意すべきことがいくつかあります。

万全な準備をして、引っ越しに備えましょう。

7月引っ越しの注意点①雨対策

梅雨明け前に引っ越すのであれば、雨対策は必須です。

思わぬ大雨になる可能性もあるので、電子機器や木製の家具など、絶対に濡らしたくないものは厳重に梱包しましょう。

ビニール袋をかぶせたり、タオルを大量に用意することが基本ですが、一番いい雨対策は引っ越し業者に聞いてみること。

業者としてもお客さんの荷物を濡らすとクレームになりかねないので、雨の対策法を熟知しています。

予約するときにでも、電話で聞いてみるとよいでしょう。

7月引っ越しの注意点②熱中症対策

梅雨明け以降はもちろん、梅雨の最中でも暑いのが7月。

湿度が高くなりやすいので、体感温度が高くなることもありますよね。

自分では大丈夫だと思っていても、気が付いたときには熱中症になっていた、ということもあり得ます。

7月に限らず、暑い時期の引っ越しのときには必ず熱中症対策として飲み物を持ち歩いたり、体を冷やすグッズなどを常備しましょう。

作業員の人にも冷たい飲み物を差し入れすると、印象が良くなりますよ。

お互いに気持ちよく引っ越したいですよね。

7月引っ越しの注意点③エアコンの手配

引っ越す前に、新居のエアコンを必ず確認しておくようにしましょう。

エアコン付きの物件ならちゃんと動くか、電気の申し込みは完了しているか。

エアコンがない物件なら、取り付けてもらうことになっているか。

夏は引っ越したあとに慌ててエアコン設置の依頼をしても、繁忙期で業者がすぐに来てくれないということが多いです。

数日間エアコンなしの灼熱地獄で過ごすなんて絶対に嫌ですよね。

必ず事前にチェックをしておきましょう。

7月の値下げ交渉におすすめの日


7月に値下げ交渉をするなら、絶対に7月前半がおすすめ。

海の日以降の後半は、家族世帯の引っ越しなどの依頼がバンバン入って特に割引しなくても儲かる状況なので、値下げ交渉に応じてくれない業者が増えます。

安く引っ越したいのであれば、7月前半、特に平日を狙って値下げ交渉をしてみましょう。

また、前半や平日であっても直前の予約はあまり値下げをしてもらえないことも多いので、引っ越し先が決まったら早めの予約をおすすめします。

ほとんどの引っ越し業者は1ヶ月前くらいから予約を受け付けています。

慌てて予約したので割高になってしまった、なんてことのないようにしたいですね。

ちなみに引っ越し業者を予約するときは、直接電話するよりも引越し侍という一括見積りサイトを使ったほうがお得になります。

引越し業界は定価がなく、引越日ギリギリに依頼すると足下を見られ、かなり高い引越し料金をふっかけられることがあります。

引越し侍を使えば各社の料金を比較ができるのでボラれる心配がありません。

引っ越しの見積もりを取るときはぜひ使ってみましょう。

Copyright© 引越しハック , 2020 All Rights Reserved.