9月の引っ越し相場はいくら?引越し業者の混雑は?予約は取れる?

更新日:

いきなり結果からになってしまいますが、9月の引越し相場はかなり高めです。

なので料金の相場だけでなく、9月の安い日・高い日・格安になる見積もりサイトなどをまとめました。

9月の引っ越し相場


まずは9月の引っ越し相場を見てみましょう。

人数によっても相場は異なるので、単身、夫婦、家族の3パターンに分けてまとめてみました。

単身引っ越しの相場

単身の9月の引っ越し相場は以下になります。

50km以内:約40,000円
200km以内:約45,000円
500km以内:約60,000円

9月の中でも安い相場と高い相場の平均値です。

繁忙期ほどは高くないものの、閑散期よりは高めですね。

9月の中でも安い日と高い日が分かれているので、安い日を選べばこれよりも値段は下がりやすくなります。

夫婦引っ越しの相場

夫婦やカップルなど、2人世帯ならこんな感じ。

50km以内:約70,000円
200km以内:約90,000円
500km以内:約130,000円

安くしたいならなるべく荷物を減らすようにしましょう。

家族引っ越しの相場

家族と言っても人数はさまざまですが、4人家族の場合の相場は以下の通りです。

50km以内:約110,000円
200km以内:約150,000円
500km以内:約200,000円

遠距離引っ越しになると20万円とかなりのお金が必要です。

もちろん、これは平均なので、引っ越す日によってはこれよりも安くなることも高くなることもあります。

いらない家具や家電など、大きな荷物はこの際に処分することも考えてみましょう。

9月の引っ越しは高い!


3月などの大規模な繁忙期よりは安いですが、9月は高めの料金設定がされています。

特に下旬や祝祭日の料金はかなり高いです。

「夏休みが終わったのになぜ?」と思うかもしれませんが、9月はシルバーウィークがあります。

また、秋入学の大学生の需要や下半期の転勤なども少なくないですよね。

さらに、秋は結婚式をするにもいいシーズンのため、結婚して新居を構えるカップルも意外といるんです。

これらの需要が重なって、9月の引っ越しは意外と人気があり、その分料金相場も高くなっています。

引っ越し料金が安い日は?高い日は?


意外と引っ越し相場が高い9月。

それでも高い日や安い日が存在するので、いつ引っ越すと安くなるのかまとめてみました。

9月の引っ越し料金が安い日

9月で引っ越しが安くなるのは、上旬から中旬にかけてです。

特に中旬は8月の引っ越しに間に合わなかった人の需要も落ち着いているため、予約が埋まっていないことがほとんど。

中でも平日を選べば特に安く引っ越すことができます。

「9月に引っ越せるならいつでもいい」という人は、ぜひ中旬の平日を狙ってみましょう。

9月の引っ越し料金が高い日

引越し料金が高くなるのは、9月下旬です。

特に休日は祝日とつながってシルバーウィークになるので、平均相場もより高くなる傾向があります。

9月下旬に引っ越したいけど料金も安くしたいという人は、平日にしてみましょう。

平日であれば、祝祭日よりは値段を抑えることができます。

9月に内見するならいつがいい?


9月から秋の引っ越しシーズンが始まるため、不動産屋さんは繁忙期に。

空いている物件は多いですが、放っておくとどんどん埋まってしまいます。

良いなと思った物件があれば、平日や休日問わず、すぐに内見に行くようにしたほうがよいでしょう。

仕事が忙しくて行く時間がないという人は、アプリなどで探してみるのもありですね。

9月に物件を探すのであれば、特にスピーディに動くことをおすすめします。

不動産屋に行くのであれば「希望の条件を伝え、該当する物件があれば連絡してもらう」ようにするとスムーズですよ。

9月引っ越しのメリット・デメリット

9月に引っ越すメリットは?

夏休み中に引っ越した人たちの空き物件が増えるというのが大きなメリット。

物件が埋まるのも早いので急いで探す必要はありますが、選択肢が多いことは魅力的なポイントです。

9月に引っ越すデメリットは?

9月に引っ越すデメリットは、「下旬の相場が高い」「予約が取りづらい」こと。

下旬にしか引っ越せないのであれば、それなりの出費は覚悟しなければいけません。

また、9月は暦の上では秋ですが、実際の気温はまだ夏です。

暑い中、汗をかきながら引っ越しをするのはなかなかのデメリット。

さらに9月は台風が多いため、引っ越し自体がスムーズにいかない可能性もあります。

9月の引っ越しは縁起が良い?悪い?


実は、9月に引っ越すのは縁起が悪いと言われていました。

なぜかというと、仏教では正五九祭というものがあり、正は1月、五は5月、九は9月を指し、これらは1年の中でも大切な行事がある月とされていたんです。

1月はお正月、5月は田植え、9月は収穫の時期ですからね。

なので「そういう大事な月に隣人や知人の力を借りて引っ越すなんて迷惑だ」という考え方が広まっていきました。

しかし、それは江戸時代など昔の話です。

現代では引っ越し業者がいるので周りに手伝ってもらわなくても大丈夫ですし、生活様式も変わっています。

特に現代人が気にする必要はない考え方です。

どうしても気になるという方は、大安や一粒万倍日に引っ越したり、仏滅を避けたりなどすると良いでしょう。

9月の引っ越しの準備や注意点は?

9月引っ越しの注意点①熱中症対策

9月と言えど、まだまだ残暑が厳しい時期。

暑さ対策をせずに引っ越し作業をしていると、熱中症のリスクが高まります。

必ず水分補給をしたり、体を冷やしたりしながら作業するようにしましょう。

また、引っ越し業者のスタッフにもペットボトルの冷たい飲み物などを差し入れると喜ばれます。

冷たい飲み物を飲むと「よし!頑張るか!」と力も出て、きっと引っ越し作業がスムーズになりますよ。

9月引っ越しの注意点②台風対策

9月は台風が多く発生する月です。

もし引っ越す日に台風が直撃した場合はどうなるかなど、事前に業者に確認しておくことを強くおすすめします。

もし雨や台風でも引っ越し決行となった場合は、雨対策をするのも忘れずに。

9月引っ越しの注意点③明かりを確保

9月はまだ暑いですが、日照時間はだんだん少なくなります。

特に秋分の日を過ぎると夜の時間の方が長くなるので、あっという間に暗くなってしまいますよね。

夏の感覚のまま引っ越し作業をしていると、いつの間にか夜になってしまったということに。

作業が遅くなりそうな場合は明かりを確保するのは必須です。

さらに、暗くなっても外から見えないように、カーテンを閉めてから作業できるようにする必要があります。

窓の数を勘違いしていて「カーテンが足りない」ということのないようにしましょう。

9月の値下げ交渉におすすめの日


9月に値下げ交渉をするのなら、上旬から中旬の平日がおすすめ。

予約も埋まっていないことがほとんどなので、値引きをしてくれる業者が多いです。

逆に土日祝日、下旬はほとんど値引き交渉ができないと思ってください。

ただ、引越し侍などの引っ越し見積もりサイトを使えば9月下旬でも値引きできます。

複数の業者に一括で見積もりを取ってくれるサービスであり、カンタンに最安の業者が見つかります。

他社の見積書があれば「他の会社は○○円にしてくれた。」と言うだけで交渉できるようになるので、引っ越しする時は必ず引越し侍を使いましょう。

Copyright© 引越しハック , 2020 All Rights Reserved.