これは超おすすめ!契約してすぐに使える「どんなときもWiFi」まとめ

更新日:

今、「どんなときもWiFi」がとても人気になっているのはご存知でしょうか。

「そんなWiFi聞いたことない!」という人がほとんどだと思いますが、在庫切れになるほど注文が殺到しています。

どんなときもWiFiのメリット・デメリット・使ってみた感想などをまとめてみましたのでぜひご覧ください。

どんなときもWiFiとは?

「どんなときも」という文字通り、時間や国を問わず安定して使えると評判のポケットWi-Fiです。

2019年6月から7月にかけて、注文が殺到して在庫切れとなり、どんなときもWiFiの公式ページは以下のように一時的に予約制になったほどです。

かなりの人気が伺えますが、ユーザーにとって魅力的なポイントが多々あることが要因と言えます。

どんなときもWiFiの特徴

安定した速度

上り(アップロード):最大50Mbps
下り(ダウンロード):最大150Mbps

下りの速度は動画の視聴、ウェブサイトの閲覧などにも関わる重要なものですが、このくらいあれば十分です。

かなり安い料金プラン

どんなときもWiFiの料金プランはいたってシンプルで、2年定額制となっています。

月額料金は「2年割」を適用して税抜3,480円

よくあるマンションタイプの光回線の月額料金は3,800円前後であることが多いですが、それよりも安くなっています。

25ヶ月目以降は500円高くなりますが、2年間はずっと同じリーズナブルな料金で使うことができるのでお得です。

ちなみに、これはクレジットカードで支払う場合の金額。

口座振替の場合はこれより500円高くなるので、なるべくクレジットカードで支払いましょう。

端末のサイズ・重さ

端末のサイズは、タテ127mm、ヨコ65.7mm、厚さは14.2mmとなっています。

500mlのペットボトルとサイズを比較した写真がこちら。

手で楽々持ち運べるサイズなので、まさに「どんなときも」Wi-Fiが使えそうですね。

重さも151gと軽いので、旅行の際などにも負担にならずに持ち運ぶことができます。

選べるカラーは2種類

ポケットWi-Fiは端末のカラーが1種類しかないものも多いですが、どんなときもWiFiは2つのカラーから選ぶことができます。

カラー展開はグレーとゴールド。

どちらも高級感ある表面になっており、オフィスなどでも違和感がありません。

また、ストラップホールもついているので、お気に入りのストラップを付けたり、紛失防止に役立ちますね。

どんなときもWiFiのメリット


どんなときもWiFiの具体的なメリットを紹介します。

実際に使用してみた筆者の感想も交えてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

速度が安定している

どんなときもWiFiの口コミに多いのが、「夜でも速度が安定している」というもの。

多くの通信サービスでは、昼休みや夜の時間帯になると、ネットに接続する人数が増えて回線速度が遅くなりがちです。

しかし、どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を導入しています。

クラウドSIMとは、端末を起動するたびに、SIMバンクに保管されている最適な回線のSIMカードが自動的に選ばれてネットに接続するシステムのこと。

つまり、端末の中にSIMカードは入っておらず、常に最も通信状態がよい回線を選んで通信できるというわけです。

そのおかげで、時間帯を問わず安定した速度でインターネットに接続できるようになっています。

ちなみに、筆者は仕事でも使えるモバイルルータが欲しかったため、NTTなどの固定回線は選択肢にありませんでした。

筆者が住んでいるのは、近くに田んぼや川しかない「ど田舎」ですが、どんなときもWiFiで昼でも夜でもストレスなくYouTubeやTikTokが見れます。

以下の画像は「SpeedTest」という速度計測アプリの画面ですが、ど田舎でも25Mbps出てます。

ちなみにauの4G回線は18Mbpsだったので、どんなときもWiFiの速度はかなり良いですね。

筆者が前に住んでいたアパートではWiMAXを使っていましたが、ある日突然、下り(ダウンロード)の速度が遅くなったんですよね。

Youtubeを見ているときに止まったり、特に夜が激遅になってしまいました。

だからレンタルして「速度速いな〜」と感じても、後で遅くなることもあるので注意しましょう。

筆者の経験だけでなく、WiMAXは「遅い」という口コミが多いのであまりおすすめしません。

データ容量が無制限

どんなときもWiFiの特筆すべき点は速度だけではありません。

なんと、データ容量が無制限で使用できるのです。

ほとんどのポケットWi-Fiの通信サービスは、月に何GBまでと決められていたり、無制限を謳っていても「ただし3日間につき何GBまで」という制限があります。

どんなときもWiFiは完全に無制限なので、月に何GB使っても月額料金は変わりません。

これは毎日インターネットを使ったり、動画を観たりする人にはとてもうれしいポイントです。

月額料金が他社より安い

WiMAXなど他のサービスを見てみると、最初の3ヶ月間は料金が安くても、4ヶ月目以降は高くなるというケースが多いです。

しかし、どんなときもWiFiは2年間ずっと同じ金額なので、そういった心配はありません。

2年間の総額を見ても、どんなときもWiFiは最安クラスとなっています。

データ容量無制限で月額料金も安いとあれば、人気が出るのも頷けますね。

海外にも対応している

どんなときもWiFiはクラウドSIMを導入しているため、海外でも利用可能です。

世界107ヶ国で利用することができます。

端末ひとつで簡単な設定をすれば良いだけなので、空港などでカウンターに行く必要はありません。

海外利用時は別途料金がかかりますが、通常のレンタルWi-Fiとは違って、回線を利用している時間のみ料金が発生します。

つまり、飛行機に乗っている時間など、「使用していないのに料金が発生する」という無駄なコストがかかりません。

旅行や出張などで海外に行く人にもピッタリと言えるでしょう。

申し込んでからすぐに使える

どんなときもWiFiは、最短で申し込んだ翌日に端末を発送してくれます。

交通状態にもよりますが、関東圏なら最短1日で届くため、申し込んでから2日で使えるということになりますね。

すぐに使いたい人にはとても助かるサービスです。

ただし、時期によっては在庫切れの場合もあるので、事前に公式ホームページなどでチェックしておきましょう。

どんなときもWiFiのデメリット

デメリットもしっかり把握して、契約したあとに気づくといったことのないようにしましょう。

端末はあくまでも「レンタル」

どんなときもWiFiの端末は、あくまでも「レンタル」扱いです。

契約中はずっと手元に置いておけますが、解約するときには必ず返却しなければいけません。

もし端末を壊してしまったり、紛失してしまった場合は、端末代金として18,000円が発生してしまいます。

月額料金が安くてもそれでは本末転倒なので、端末の取り扱いには気をつけましょう。

持ち運ぶときはカバーやケースなどに入れることをおすすめします。

2年縛りがあり、違約金も高め

どんなときもWiFiには、2年間ずっと解約してはいけないという「2年縛り」があります。

契約してから1年未満で解約した場合は違約金が19,000円、1年以上2年未満の場合は14,000円かかるので注意しましょう。

ちなみに2年経過したあとは9,500円となっており、こちらも注意が必要ですね。

では、いつなら解約金がかからないかというと、契約してから25ヶ月目の1ヶ月間のみです。

このチャンスを逃すと解約時に違約金が発生してしまうので、気を付けなければいけません。

3年目から月額料金が高くなる

どんなときもWiFiは「2年定額制」で2年間ずっと月額料金が変わりませんが、3年目以降は料金が高くなってしまいます。

24ヶ月目までは月額3,480円ですが、25ヶ月目からは3,980円に。

知らずに使い続けていると、月500円も高くなってしまうので注意が必要です。

そのため、もし3年以上の長期で使いたい場合は、「2年間使用して一度解約する」というのが賢いやり方と言えそうです。

ただ、数年後はもっと良いWiFiが出てると思いますが。


以上、どんなときもWiFiのメリット・デメリットまとめでした。

令和のモバイルWiFiでは最強だと思うので、転勤などで引っ越しの多い人は「どんなときもWiFi」を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにスマートフォンがソフトバンクの人は「ソフトバンクエアー」のほうが月々の割引もあるのでオススメです。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.