有名だからイイというわけではない!部屋探しサイトの違いまとめ

投稿日:

部屋探しサイトって、たくさんありすぎですよね。

それぞれのサイトの特徴をまとめてみたので、自分に合ったサイトを使うましょう。

CHINTAI

サイトで物件を見ると、部屋の中を360度見渡すことができ、まるで本当に内見に来たかのように隅々まで見ることができます。

また、女性や学生・カップル・子育て世帯など、各世帯向けの情報もまとめられているので、希望の条件がそろった物件が探しやすい。

ただ、物件数は約80万~100万件と少なめです。

HOME'Sは約800万件、SUUMOは約600万件という点と比較するとどうしても劣ってしまいます。

たくさんの物件を見たいという方にはあまりおすすめできませんが、ひとつひとつの物件を丁寧に見たいという方にはぴったりなサイトでしょう。

いい部屋ネット

大東建託が運営しているサイトです。

なんと、いい部屋ネットで探した大東建託の物件は「更新料が無料」となっています。

長く住む物件を探している人には助かりますね。

色々な会社の物件を幅広く見たいという人にはあまりおすすめできないかもしれません。

SUUMO(スーモ)

言わずと知れた有名な大手賃貸サイト。

SUUMOのサイトの中には学生向けの賃貸専用のサイトがあったり、同じ物件で賃貸会社の比較ができたり、使いやすくて人気があります。

掲載物件数も約600万件とトップクラスを誇っており、何かしら気に入る物件が見つかるでしょう。

ただ、中には募集終了後の物件が掲載され続けていることもあり、最新の情報が揃えられているとは言えません。

とりあえずたくさん物件を見てみたいという人には向いているサイトと言えるでしょう。

HOME’S(ホームズ)

掲載物件数が約800万件と業界の中でも最多です。

ただ、すべてのコンテンツを利用したい場合は、会員登録が必要になります。

と言っても無料で利用できますので、よほど面倒ではない限り、誰にでもおすすめできるサイトです。

マイナビ賃貸

就職サイトで有名なマイナビも、賃貸サイトを運営しています。

物件数はまだまだ少ないものの、大学名から物件を探せるので、学生にとっては使いやすいサイトです。

ペット可・保証人不要・楽器可など特定の条件からも物件を探すことができるため、希望の条件が固まっている人にはおすすめできます。

ホームメイト

アパートの物件に強いホームメイト。

マンションの物件数は少なめですが、アパートを探している場合はおすすめできるサイトです。

キャンペーンもたくさん行われており、常に何かしらの特典があります。

しかし、取り扱い物件はそこまで多くありません。

イエプラ

チャット方式の賃貸コンシェルジュサービスとして有名になってきたのがイエプラです。

他の賃貸サイトには載っていない未公開物件があるので、なかなか希望の物件が見つからないという人にはおすすめ。

しかもチャットサービスは対応速度がとても速く、深夜0時まで営業しています。

忙しい方人でも、移動時間を使ったり寝る前の時間を使ったりして、物件探しをすることができますね。

ただ、対応エリアが関東と関西の首都圏周辺と限られています。

首都圏エリアで探している人にはぴったりですが、それ以外のエリアの方にはそれほど役には立たないかもしれません。

スマイティ

知名度はあまり高くないスマイティですが、掲載物件量は約600万件もあり、実はSUUMOと同じくらいなのです。

また、ひとつひとつの物件の情報量が多いことも魅力。

他のサイトには載っていない写真が載っているなど、差別化がされているサイトと言えるでしょう。

ただ、都市部の物件は充実していますが、地方の物件はまだまだ少ないのが事実。

逆に言えば、都市部に住む方には一見の価値アリです。

アットホーム

アットホームには大手サイトに載っていないレアな物件が掲載されていることがあります。

また、勤務地からの距離で物件を検索できるなど、検索においては便利なサイトです。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.