引越し祝いにおすすめのカタログギフト・相場・マナーまとめ

投稿日:

友人やお世話になっている人への引っ越し祝い、何にしたらいいか悩みますよね。

また、引っ越し祝いの相場や渡すタイミングなど、意外とわからないことだらけ。

今回は「引っ越し祝いにおすすめのカタログギフト・相場・マナー」などをまとめましたのでぜひご覧ください。

そもそも引越し祝いの相場はいくら?


引っ越し祝いは、友人なら10,000円、兄弟や親戚なら10,000〜30,000円くらいが相場です。

そこそこの金額になるので何を買ったらいいかって悩みますよね。

引越し祝いのプレゼントは何がいい?


引っ越し祝いに一番おすすめなのはカタログギフトです。

好きな商品を選べるカタログギフトならプレゼントされて喜ばない人はいません。

また、相手が既に持っているものを贈ってしまうという心配もないですね。

筆者も過去に「自分が持っているものよりグレードの低い家電」をもらって微妙だったことがあります。

デザインの好みも人それぞれなので、贈る品で悩んでいる人はカタログギフトが無難でしょう。

おすすめのカタログギフトは?


カタログギフトならGift Pad(ギフトパッド)の一択でしょう。

ギフトパッドならラインやメールでプレゼントを贈れるのでかなり便利ですし、動画やメッセージも付けることができます。

雑誌のカタログギフトだと相手の人が家にいないと受け取れませんし、不在票を見て電話したりとメンドーと思われることも。

また、雑誌を送るのでカタログの印刷代や送料などがかかるため、実際に「安価な商品しか選べない」というものがほとんどです。

10,000円分のカタログギフトなのにネットで見たら5,000円以下で買えてしまう・・・とか。

ギフトパッドならウェブカタログで雑誌代がかからないため、プレゼントする金額相応のものを選ぶことができます。

たとえば、ギフトパッドの「新生活応援!家電セレクト 桜コース」(10,000円)なら以下のようなものが選べます。

マルチクイックハンドブレンダー


画像:Gift Pad

ハンドブレンダーといえば、持ち手に調節機能のボタンなどが付いているのが一般的ですよね。

ところがこの商品は、握る力を変えるだけでスピードの調節が可能という優れもの。

慣れてくれば感覚で速さを調節できるので、日常的に使う人にはぴったりです。

トリオクッカー


画像:Gift Pad

トースター・コーヒーメーカー・ホットプレートが一つになった画期的な商品。

一人分の朝ごはんがこれ一台でできてしまいます。

海外の映画に出てきそうな、おしゃれな見た目も良いですね。

エスプレッソメーカーセット


画像:Gift Pad

ミルクを泡立てるためのノズルがついているので、カプチーノも作れるコーヒーメーカー。

ミルクピッチャーも付属しているので、普段ミルクを入れて飲む人にもぴったりですね。

見た目がシックでおしゃれなので、キッチンやリビングに置いても生活感が出なさそうです。

ワインオープナー&プリザーバー


画像:Gift Pad

フル充電でワインを連続で50本開けられるコードレスワインオープナー。

開栓した後に空気を抜いて保存できるプリザーバーもセットになっています。

ワイン好きにはぴったりなセットです。

ホットプレート&グリルプレート


画像:Gift Pad

パンケーキやパエリア、さらにはアヒージョなど、様々な料理が作れるおしゃれなプレートセット。

A4サイズなので場所もとりませんし、デザインもおしゃれ。

ホームパーティなどで活躍できること間違いなし。

ノンフライオーブン


画像:Gift Pad

食パンが一度に4枚も入る便利なオーブントースター。

温度調節機能があるだけでなく、予熱なしでオーブンとして使用することもできます。

普段からお菓子作りや料理をする人には喜ばれそうですね。

電気ケトル わく子さん


画像:Gift Pad

業界最速レベルの早さでお湯が沸く電気ケトル。

沸かしたあとも保温性に優れているため、熱いお湯を長い時間使うことができます。

転倒流水防止構造になっているので、倒れてしまったときも最小限のお湯漏れで済むのは安心ですね。

ギフトパッドの商品を選ぶ担当者のセンスがいいのかわかりませんが、どれも貰って嬉しいものばかりで結構いいですよね。

でも、カタログギフトは10000円くらいのものでないと良いものが選べません。

そのため、10000円以上する「ちょっと良いもの」を贈ることをおすすめします。

引越し祝いの「のし」の種類は?


引越し祝いをのしで包むときは、上の画像のように「白赤の蝶結びの水引」ののしを用意しましょう。

表書きは「御祝」「引越し祝い」、新築祝いなら、御祝の前に小さく「御新築」と書くのも良いですね。

字は筆あるいは筆ペンで、楷書で濃く書きましょう。

引っ越し祝いはいつ渡すのがベスト?


引っ越し直後はバタバタしていて迷惑になってしまうので、引っ越ししてから2週間後くらいがベストなタイミングでしょう。

もし、相手が新築に引っ越ししてお披露目に招待されたときは、その日に引っ越し祝いを持参するのがマナーです。

引越し祝いで贈ってはいけない物は?


実は引っ越し祝いで贈ってはいけないものもあります。

それは「火事」を連想させるものです。

お香や灰皿などの「火」に関係あるものは、引っ越し祝いとして贈らないようにしましょう。

また、絵画など壁に穴を開けて使うものもやめたほうが無難ですね。


以上、引っ越し祝いのおすすめギフト・マナーまとめでした。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.