引っ越し業者の荷物預かりサービス・トランクルーム会社まとめ

投稿日:

新居にすぐ荷物を入れられないというときに便利なのが引っ越し業者の「荷物預かりサービス」です。

荷物預かりサービスのメリット・デメリットやおすすめのトランクルーム会社をまとめてみました。

これから引っ越しするという人はぜびご覧ください。

荷物預かりを利用するタイミングは?

新居に家具を入れられないとき

何らかの理由で、新居にまだ家具を入れられないということもあるかと思います。

例えばリフォームがまだ終わっていなかったり、旧居の退去日から新居の入居日まで間が空いてしまったりなどです。

自分はどこかホテルなどに泊まるとしても、家具や家電などの荷物はどうしようもないですよね。

そういうときに、荷物を一時的に置いておける荷物預かりサービスが便利です。

新居がまだ決まっていないとき

仕事などの都合で退去日は決まったものの、新居がまだ決まっていないというケースもあるかもしれません。

そのときも同じように、荷物預かりサービスを利用することで難を逃れることができます。

預ける期間も選ぶことができますので、新居の入居日に合わせて荷物を取り出すことができ、とても便利です。

リフォームや建て替えをするとき

引越しはしないけれどリフォームや建て替えのため、今の家に一時的に住めなくなるということもあります。

そのような場合にも、もちろん荷物預かりサービスが役に立ちますね。

業者にもよりますが、1日だけ預かってくれるプランなどもあります。

荷物預かりのメリット・デメリット

引越し業者の荷物預かりのメリット

引越し業者に荷物預かりを依頼する一番のメリットは、何と言っても手続きが1回で済むため、とても楽なことです。

引越し業者は輸送のプロであると同時に梱包のプロでもありますから、安心して任せることができます。

また、荷物の量が少なかったり、預ける期間が短い場合、かかるお金は引越し料金のみで預かり料金は請求されない場合もあります。

コストを抑えられるので、とてもお得ですね。

引越し業者の荷物預かりのデメリット

デメリットとしては、一度預けた荷物は何回も取り出すことができないという点です。

荷物を預けたら、次に取り出すのはすべて引き取るときのみとしている業者が多いので、「必要なものだけ取り出したい」「いったん取り出してまた預けたい」という融通がききません。

取り出すことはできても、追加料金が発生する場合がほとんどです。

何度も取り出す必要はないという人には問題ありませんが、保管期間が長い人は注意が必要ですね。

建て替えパックを有効に使おう

引っ越しと同時に依頼しなくても、荷物預かりと仮住まいから倉庫への移動のみを行ってくれる建て替えパックというものがあります。

たいていの大手引越し業者なら建て替えパックがありますので、ぜひチェックしてみましょう。

荷造りや荷解きも、追加のオプション料金を支払えば業者でやってくれますので、力や体力に自信がない人にも安心です。

ただ、業者によっては保管環境があまり良くないところもありますので、事前に口コミを見るなどしてしっかり選びましょう。

以下に引っ越し業者のサービス例を少しだけまとめてみました。

ヤマトホームコンビニエンス

預ける荷物の量に制限はありませんが、期間は5ヶ月以内に設定されています。

また、荷物の一時的な取り出しは可能ですが、そのたびに追加料金が発生するので注意が必要です。

アート引越センター

預ける期間が長い場合、また荷物が多い場合はそれに応じた料金が発生しますが、荷物が少なくて期間も短い場合は、おまけとして料金が発生しない場合も。

もちろん引越しを依頼し、追加オプションとして荷物預かりを依頼したとき限定なので、アートで引越しを考えている人にはおすすめです。

日本通運

日本通運は、引越しのオプションとしても、建て替えなどによる一時的な依頼としても荷物預かりを利用することができます。

預ける期間も細かく対応してくれるのがうれしいポイント。

もし長期間預ける場合は、国土交通省認定の優良トランクルームで荷物を保管してくれるため、壊れやすいものや大切なものを預けたい人にはおすすめです。

トランクルーム業者に依頼する


引越し業者に頼む他に、トランクルーム業者に依頼するという手段があります。

トランクルームは物置として使うというイメージがあるかと思いますが、もちろん引っ越し建て替えの際にも利用可能です。

トランクルーム業者には、引越し業者とはまた違うメリットとデメリットがありますので、おすすめ業者と合わせて紹介します。

トランクルームのメリット

トランクルームには屋内タイプと屋外タイプの2種類がありますが、特に屋内タイプはセキュリティも万全で、エレベーターなども設置されていることが多いため、荷物の出し入れがスムーズにできます。

また、屋内タイプは温度や湿度が一定に保たれているため、気温の変化に弱いものも預けることができるというのもうれしいポイント。

さらに、基本的に物置として使われることが多いため、何回取り出しを行っても追加料金が発生しないというところがほとんどです。

もし長期間預けたい荷物がある場合は、トランクルームの利用をおすすめします。

トランクルームのデメリット

デメリットとしては、契約時にさまざまな手数料会員登録料などが発生することです。

長い目で見たら安くなることもありますが、預けたい期間が短い場合は、割高になってしまうことも。

また、賃貸と同じように、敷金礼金が存在します。

小さな家をもう一つ借りるようなことになるので、時には鍵の交換手数料がかかることも。

また、業者にもよりますが、自由に荷物の出し入れができる代わりに、その出し入れはすべて自分で行わなければいけません。

重い荷物を預ける場合は、女性や年配の方には出し入れが難しく、手間がかかってしまいます。

トランクルームの料金相場

業者にもよりますが、東京の場合だと基本的に以下のような感じです。

最小サイズ(畳2~3畳):15,000~30,000円程度
最大サイズ(畳13畳ほど):100,000円以上

もちろん狭ければ狭いほど料金も安くなりますので、いかに面積を抑えるかが問題になります。

エレベーターがあったり、個人認証システムなどを導入していたりなど、新しい設備が整っているトランクルームはそれなりの料金がかかることが多いです。

しかし、長期間大切なものを預けておきたいという方には、やはりトランクルームが良いでしょう。

以下におすすめのトランクルーム会社をまとめてみました。

キュラーズ

屋内型のトランクルームなのでセキュリティも万全で、空調も整っているためデリケートな物も預けられます。

即日利用もできるので、急な依頼にも対応できるところが良いですね。

初期費用は安めに設定されていますが、月額料金が少し高めのため、長期的な利用にはあまり向いていないかもしれません。

サマリーポケット

サマリーポケットは屋内型のトランクルームですが、自分で荷物の出し入れはできず、すべて業者に依頼する「宅配型」のトランクルーム。

荷物の取り出しの依頼をすれば、最短で翌日に届けてもらうことができます。

その日のうちに必要なものを取り出したいという場合には不便ですが、自分で運んだりする手間が省けるため、大きいものを預けたいという人にはおすすめ。

エアトランク

エアトランクも屋内型であり、出し入れをすべて業者が行ってくれる宅配型のトランクルームです。

なんと初期費用が無料なので、安く利用を始めたいという人にはぴったり。

しかも、何度配送してもらっても、送料は無料です。

かなり安いトランクルームですが、対応エリアは東京都内の一部となっているので、利用したい地域が対応しているか事前にチェックしましょう。


以上、引っ越し業者の荷物預かりサービス・トランクルーム会社まとめでした。

荷物を預けたい人は利用しましょう。

Copyright© 引越しハック , 2019 All Rights Reserved.